【歴代ポケモンアニメシリーズおすすめランキング】優勝はどれ⁉︎ XY,DP,SM全対象!

アニメランキング

こんにちは!はまちーずと申します♪

今回は歴代のポケットモンスター歴代シリーズ全8作品のおすすめランキングをご紹介いたします!

ポケモンは小学1年生の頃からの大ファンでアニメだけでなくゲームやカードなどあらゆるコンテンツでお世話になったかけがえのない青春です。

そんないちポケモンファンの私がポケットモンスターシリーズで何が1番面白いかおすすめ順で執筆いたしました。

※思い出補正ありの個人的主観によるランキングとなっていますのでご了承ください。

★対象タイトル※放送順

  • ポケットモンスター(無印)
  • ポケットモンスター 金銀編
  • ポケットモンスター アドバンスジェネレーション
  • ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
  • ポケットモンスター XY
  • ポケットモンスター ベストウィッシュ
  • ポケットモンスター サン&ムーン
  • ポケットモンスター(2019年版)

以上の8タイトルが対象となります。

それでは早速ランキング(本編)へどうぞ…!

【歴代ポケモンアニメシリーズおすすめランキング】

第8位:ポケットモンスター(2019年版)

ポケットモンスター(2019年版)公式サイト

あらすじ

ポケットモンスター、縮めてポケモン。 この星の不思議な不思議な生き物。 空に、海に、森に、街に、世界中の至る所でその姿を見ることができる。 これは、ポケモンバトルで最強を目指す少年“サトシ”と、 すべてのポケモンをゲットするという夢をもつ少年“ゴウ”の物語である。 サトシのパートナー“ピカチュウ”、ゴウのパートナー“ヒバニー”をはじめとする たくさんのポケモンたちとともに、 今、無限に広がるポケモン世界への冒険がはじまる。 さぁ… 夢と冒険と!ポケットモンスターの世界へ!レッツゴー!

ポケットモンスター(2019年版)公式サイト
キャストサトシ:松本梨香
ピカチュウ:大谷育江
ゴウ:山下大輝
サクラギ博士:中村悠一
コハル:花澤香菜
オーキド博士:堀内賢雄
ムサシ:林原めぐみ
コジロウ:三木眞一郎
ニャース:犬山イヌコ
ソーナンス:うえだゆうじ
ダンデ:小野大輔
ツルギ:神谷浩史
アサヒ:白石涼子
シゲル:小林優子
オニオン:三浦千幸
ネズ:下野紘
マリィ:小倉唯
ヤドキング(ガラルのすがた):あばれる君
アイリス:悠木碧
アラン:小野賢章
カルネ:折笠富美子
ワタル:千葉進歩
ダイゴ:鈴村健一
シロナ:櫻井智
シンジ:古島清孝
ホップ:吉永拓斗
スタッフ原案:田尻智 増田順一 杉森建
総監督:冨安大貴
監督:小平麻紀
クリエイティブスーパーバイザー:湯山邦彦
シリーズコンストラクション:米村正二
キャラクターデザイン:安田周平

本シリーズの見どころはサトシと新キャラの少年“ゴウ”の関係性で、互いを刺激し合いながら成長していく友情や信頼関係に魅せられます。

そしてなんと言っても本作で1番面白いところは世界で最も強力なトレーナーたちが集まる最大規模のイベント「マスターズトーナメント」です。

ポケットモンスター(2019年版)公式サイト

世界中から集まったトップクラスのトレーナーたちが登場し、彼らの強力なポケモンの戦術に引き込まれます。

シロナ対アイリスやワタル対カルネなど名バトルばかりでバトルの激しさや結果が予測できない要素も含まれていて常にワクワクしながら観ていました。

中でも決勝のサトシ対ダンデの試合は激アツなので必見です…!

第7位:ポケットモンスター ベストウィッシュ

ポケットモンスター ベストウィッシュ公式サイト

あらすじ

シンオウ地方での旅を終え、ヒカリとタケシと別れ、カントー地方に帰還したサトシ。数日後、オーキド博士が学会でイッシュ地方に出かけるということでサトシとピカチュウ、母親のハナコはオーキド博士と一緒にイッシュ地方に旅行へ行くことに。飛行機で辿り着いたイッシュ地方では、サトシがこれまで見たことの無いポケモンが多数いた。 イッシュ地方でポケモンリーグが開催されることを知ったサトシは、イッシュリーグに出場するために、再び旅立って行く。やがて、竜の里出身のトレーナー・アイリスとポケモンソムリエのデントがサトシの旅に同行するようになる。

ポケットモンスター ベストウィッシュ公式サイト
キャストサトシ:松本梨香
ピカチュウ:大谷育江
アイリス:悠木碧
キバゴ:津田美波
デント:宮野真守
ムサシ:林原めぐみ
コジロウ:三木眞一郎
ニャース:犬山イヌコ
シューティー:渡辺明乃
スタッフ原案:田尻智、増田順一、杉森建
スーパーバイザー:石原恒和
アソシエイトプロデューサー:吉川兆二
アニメーション監修:小田部羊一
企画:福永晋、久保雅一
総監督:湯山邦彦
監督:須藤典彦
シリーズ構成:冨岡淳広
設定協力:GAME FREAK inc.、The Pokémon Company
キャラクター設定:松島賢二、西野弘二、松宮稔展
キャラクターデザイン:山田俊也

新たな旅や仲間たちとの絆、そして本シリーズはライバルが他のシリーズより多いのでより熱いポケモンバトルが描かれました。

また個人的に印象に残ったのはヒロインのアイリスとパートナーのドリュウズの関係性で、始めは仲が良かった両者でしたが、ある事件をきっかけに殻に籠り顔を見せなくなってしまいます。

ポケットモンスター ベストウィッシュ公式サイト
ポケットモンスター ベストウィッシュ公式サイト

そんなドリュウズですが、彼女が原因の真意に気づき、心を寄り添ったことで心を開くことになります。それから旅の中でバトルでの協力や共闘を通じて、さらに絆を深めていきます。この特別な両者の絆が本作の見どころの一つではないでしょうか。


第6位:ポケットモンスター サン&ムーン

ポケットモンスター サン&ムーン公式サイト

あらすじ

サトシとピカチュウの新しい冒険がはじまる!新たな冒険の舞台となるのは、自然がいっぱいのアローラ地方。どこまでも広がる青い空と青い海にかこまれたこのアローラ地方で、サトシとピカチュウをまちうけるものとは…? 新しいポケモン、新しい仲間、そして新たな体験…。新しいことづくしの冒険がついに幕をあける! 行くぜ!ゼンリョク!大冒険!!

ポケットモンスター サン&ムーン公式サイト
キャストサトシ:松本梨香
ピカチュウ:大谷育江
ロトム図鑑:浪川大輔
リーリエ:真堂圭
カキ:石川界人
マオ:上田麗奈
スイレン:菊地瞳
マーマネ:武隈史子
ククイ博士:中川慶一
オーキド博士 / 校長:石塚運昇→堀内賢雄(2代目)
ムサシ:林原めぐみ
コジロウ:三木眞一郎
ニャース:犬山イヌコ
ソーナンス:うえだゆうじ
グラジオ:岡本信彦
ルザミーネ:木下紗華
ビッケ:藤村知可
ザオボー:真殿光昭
バーネット:國立幸
スタッフ総監督:湯山邦彦
監督:冨安大貴
シリーズ構成:松井亜弥
キャラクターデザイン:中野悟史、安田周平

従来のストーリー展開に加えて、学園ものという新たな要素を加えてきて、さらに、新しいバトル形式やZムーブなどの要素も加わり、従来のポケモンシリーズとはまた一味違った魅力が詰まっています!

キャラクターたちの心情や人間関係に焦点を当てた深いストーリーも展開され、中でもリーリエとルザミーネの親子関係には心揺さぶられます。

ポケットモンスター サン&ムーン公式サイト

リーグ戦も滅茶苦茶熱くて決勝戦のサトシ対グラジオの名バトルは必見です!!

第5位:ポケットモンスター 金銀編

ポケットモンスター 金銀編公式サイト

あらすじ

舞台をジョウト地方へ移し、ワカバタウンから新しい旅に出たサトシ。ポケモンもチコリータ、ヒノアラシ、ワニノコといったおなじみの3匹をはじめ、ホーホー、キレイハナ、ブルー、ハピナス、サニーゴなどなど、金銀編ではさらに新しい仲間達がぞくぞく登場。いろいろなジムでのバトルや楽しいポケモンコンテストシーンの数々も見逃せない。

ポケットモンスター 金銀編公式サイト
キャストサトシ:松本梨香
ピカチュウ:大谷育江
カスミ:飯塚雅弓
タケシ:うえだゆうじ
オーキド博士:石塚運昇
シゲル:小林優子
ムサシ:林原めぐみ
ソーナンス:うえだゆうじ
コジロウ:三木眞一郎
ニャース:犬山イヌコ
スタッフ原案:田尻智
スーパーバイザー:石原恒和
アソシエイトプロデューサー:吉川兆二
アニメーション監修:小田部羊一
企画:岩田圭介、川口孝司、久保雅一
総監督:湯山邦彦
監督:日高政光

初代とは異なる環境や風景が広がっていて、多くの新要素が導入されました。また初代よりライバルの数も増え、存続のシゲルやヒロシは勿論、球団のエレブーズの大ファンのナナコなど魅力的なキャラクターも増えどんどん盛り上がっていきました。

ポケットモンスター 金銀編公式サイト

あとはオープニングテーマの「Ready Go!」が個人的にポケットモンスター史上1番好きな曲なので、是非映像付きでご覧ください♪


第4位:ポケットモンスター(無印)

ポケットモンスター(無印)

あらすじ

カントー地方のマサラタウンに暮らす主人公・サトシは、オーキド博士からピカチュウとモンスターボール、ポケモン図鑑をもらい、ポケモンマスターを目指して冒険の旅に出発。ニビジム、クチバジムなどでの激しいバトルや、行く先々でのポケモンたちとの出会い。ポケモンたちの不思議な話やユーモアたっぷりの表情なども交えたポケモンTVアニメシリーズ第1弾。

ポケットモンスター(無印)
キャストサトシ:松本梨香
ピカチュウ:大谷育江
カスミ:飯塚雅弓
コダック:愛河里花子
トゲピー:こおろぎさとみ
タケシ:うえだゆうじ
ロコン:愛河里花子
ケンジ:関智一
マリル:かないみか
オーキド博士:石塚運昇
シゲル:小林優子
ムサシ:林原めぐみ
ソーナンス:うえだゆうじ
コジロウ:三木眞一郎
ニャース:犬山イヌコ
スタッフ原案:田尻智
スーパーバイザー:石原恒和
アソシエイトプロデューサー:吉川兆二
アニメーション監修:小田部羊一
企画:岩田圭介、川口孝司、久保雅一
総監督:湯山邦彦

ポケモンたちと共に冒険し、バトルを繰り広げる姿や時には喧嘩したり別れを経験したりと心を揺さぶるシーンが多く詰まっています。

当初はポケモンの世界観やデザイン性に感動すら覚えました。多くの視聴者にとって懐かしい作品で果てしないほどのノスタルジーが詰まっていますよね。

個人的に印象的なエピソードは、第39話の「ピカチュウの森」です。

ポケットモンスター(無印)

出会ってすぐの頃は喧嘩ばかりしていたサトシとピカチュウですが、そんな両者の深い友情がぎゅっと詰まった素晴らしいエピソードでした。ほかだとバタフリーやリザードンの別れの話も感動必須です…!

第3位: ポケットモンスター XY

ポケットモンスター XY公式サイト

あらすじ

旅の舞台・カロス地方にやってきたサトシとピカチュウを待っていたのは新しいポケモン・仲間たちとの出会い!全てがパワーアップして登場、ポケモンバトルも大きく進化!躍動感抜群のバトルから目を離すな!そしてこの旅最大の謎!?ポケモンの更なる進化”メガシンカ”とは?出会うもの全てのキズナに導かれポケモンマスターを目指すサトシとピカチュウ。カロスリーグ挑戦へ向けた彼らの新たな冒険が、今、はじまる!

ポケットモンスター XY公式サイト
キャストサトシ:松本梨香
ピカチュウ:大谷育江
セレナ:牧口真幸
シトロン:梶裕貴
ユリーカ:かないみか
ムサシ:林原めぐみ
コジロウ:三木眞一郎
ニャース:犬山イヌコ
ソーナンス:うえだゆうじ
ナレーション:石塚運昇
スタッフ総監督:湯山邦彦
監督:矢嶋哲生
シリーズ構成:冨岡淳広
キャラクターデザイン:広岡トシヒト
総作画監督:広岡トシヒト

「歴代最高峰のクオリティ」

キッズアニメとは思えない圧倒的作画と熱量、主に終盤のリーグ戦やジガルデ戦はもの凄いクオリティとなっています。

ポケットモンスター XYでは、新しい進化形態であるメガ進化が導入されより戦術的な面白さも付与され、一段とバトルが面白くなりました。

リーグ編のサトシゲッコウガとショータのメガジュカインのバトルは必見です‼︎

あとは、やっぱりヒロインで圧倒的支持を受けているセレナの存在は作中では欠かせませんよね。

ポケットモンスター XY公式サイト

おしゃれかつ優美で可愛らしい外見に加え料理やパフォーマンスなど、自分の夢を追い求める姿に強く惹かれていきました。

サトシとセレナの互いの違いを認め合い共に成長していく姿が本作の1番の見どころと言っても過言ではありません…!

管理人の一推し商品です。気になった方は是非ともお買い求めください♪

第2位:ポケットモンスター アドバンスジェネレーション

ポケットモンスター アドバンスジェネレーション公式サイト

あらすじ

新たな舞台ホウエン地方へと旅を進めたサトシとピカチュウ。そこには未知なるポケモン、まだ知らぬライバル達とのバトルがあった。そこで出会ったのが、ハルカとマサトの姉弟。ハルカはトップコーディネーターを目指し、サトシ達と共に夢と希望の旅を始める。そして一行の旅の舞台は、一転カントー地方へ。サトシはバトルフロンティア制覇を、ハルカもまたポケモンコンテストへの出場を目指すことに。彼らの旅はまだまだつづいていくのであった…。

ポケットモンスター アドバンスジェネレーション公式サイト
キャストサトシ:松本梨香
ピカチュウ:大谷育江
タケシ:うえだゆうじ
ハルカ:KAORI
マサト:山田ふしぎ
シュウ:斎賀みつき
ムサシ:林原めぐみ
コジロウ:三木眞一郎
ニャース:犬山イヌコ
スタッフ原案:田尻智、増田順一、杉森建
スーパーバイザー:石原恒和
アソシエイトプロデューサー:吉川兆二
アニメーション監修:小田部羊一
企画:岩田圭介、深沢幹彦、陣内弘之、久保雅一
総監督:湯山邦彦
監督:日高政光、須藤典彦
キャラクターデザイン:一石小百合
総作画監督:山田俊也

アドバンスジェネレーションから映像技術が進化しより観やすい作品になった印象です。

ヒロインがハルカに交代したり敵サイドもロケット団だけでなくマグマ団やアクア団などが加わったり、またダブルバトルやバトルフロンティア、コンテストなど新たなコンテンツが続々と増えより一層楽しめました!

印象的なエピソードといえば、6話の「ロケット団! みだれひっかきでサヨウナラ!!」です。

ポケットモンスター アドバンスジェネレーション公式サイト

シリーズの序盤からかなりシリアスな内容となっていて、ムサシとコジロウのパートナーであるアーボックとマダドカスの感動の別れはハンカチ必須級です。別れた直後にコジロウがサボネアと出会うのがまたいいんですよね。

あとは後期に始まったフロンティア編が凄く熱くて、中でも最後のフロンティアブレーンであるジンダイとサトシの対決は必見です!

第1位:ポケットモンスター ダイヤモンド&パール

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール公式サイト

あらすじ

舞台はシンオウ地方。その地方のフタバタウンには1人の女の子がいた。彼女の名はヒカリ。母親のアヤコは過去にポケモンコーディネーターの頂点「トップコーディネーター」に立った有名人。アヤコに憧れるヒカリは自分もトップコーディネーターになることを目標としていた。10歳になって旅立ちの日を迎えたヒカリは、マサゴタウンに研究所を受け持つナナカマド博士から貰ったペンギンポケモン・ポッチャマと共にポケモンコンテストを巡る旅に挑んでいく。 その頃、カントー地方のバトルフロンティアを制覇しハルカとマサト姉弟・タケシと別れた後、サトシはピカチュウとエイパムを連れて、シンオウリーグ出場を目指すためにシンオウ地方へ。しかし、後を追って来たロケット団の襲撃でピカチュウが吹っ飛ばされてしまう。 サトシはエイパムと共に必死にピカチュウを探し始める。その最中、ブリーダー修行を続けるためにウソハチとともに旅を再開したタケシと偶然出会い、行動をともにする。一方、サトシとはぐれたピカチュウは旅を始めたばかりのヒカリに発見されていた。ナナカマド博士の導きで合流したサトシ達は、それぞれの目標のために3人で旅をすることになる。

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール公式サイト
キャストサトシ:松本梨香
ピカチュウ:大谷育江
タケシ:うえだゆうじ
ヒカリ:豊口めぐみ
ポッチャマ:小桜エツコ
ムサシ:林原めぐみ
コジロウ:三木眞一郎
ニャース:犬山イヌコ
スタッフ原案:田尻智 増田順一 杉森建
スーパーバイザー:石原恒和
アソシエイトプロデューサー:吉川兆二
アニメーション監修:小田部羊一
企画:陣内弘之 伊藤憲二郎 福永晋 久保雅一
総監督:湯山邦彦
監督:須藤典彦 浅田裕二
シリーズ構成:冨岡淳広
キャラクターデザイン:山田俊也

当時小学1年生の私にとって原点であり、頂点。

私がこのダイヤモンドパール(第四世代)を最も推している理由はいくつかあって…今シリーズの最大の見どころはやっぱりサトシとライバルのシンジの関係性の変化だと思っています。

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール公式サイト

シンジはクールで冷静な性格であり、自信に満ちたトレーナーとして描かれています。また強さと勝利を追求し、使えないと思ったポケモンはすぐ切り捨てるなど初期の頃はサトシとポケモンに対する向き合い方が正反対だったせいか2人は犬猿の仲でした。そんなシンジがある日、パートナーのヒコザルを使えないポケモンだと判断し逃すことに。のちに見捨てられたヒコザルはサトシの仲間になりどんどん成長していきます。

旅の途中でサトシとシンジは何度もエンカウントしそのたびにバトルしていきますが、シンジはサトシのもとで急激に成長するヒコザルを見て少しずつポケモンに対する向き合い方が変わっていきます。

そしてシンオウリーグで再びこの2人のフルバトルが描かれますが、これまで何度もバトルしてきたにも関わらず、サトシはシンジに一度として勝ったことがありません。そんなサトシですが、この対決でゴウカザルの特性のもうかを完全に使いこなし見事初の勝利を収めます。当時はシンジのドラピオンがサトシの手持ちを3タテして異常に強かった記憶が残っています苦笑

閑話休題、バトルを終えリーグを立ち去るシンジ、別れ際にサトシにお前のゴウカザル強くなったな。と呟き笑みを浮かべます。初期の頃はお互い睨み合っていた関係でしたが、最終的には互いに高め合う戦友のような関係に変化しました。互いの違いや対立を通じて成長していく姿に強く感動しましたね。

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール公式サイト
ポケットモンスター ダイヤモンド&パール公式サイト

勿論、ダイヤモンドパールは他にも見どころがたくさんあって、なんといってもオープニングやエンディング、bgmが本当に素晴らしくてノスタルジー効果も相まって自然と涙が溢れてきます。

「together」や「サイコー・エブリデイ!」、「君のそばで」など久方ぶりに聴いたら私と同じ世代の方であれば懐古心を存分にそそられることでしょう。

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール公式サイト

あとは劇場版のレベルもすこぶる高くて、

「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」や

「アルセウス 超克の時空へ」も凄く面白かったですが、やっぱり…

「ディアルガVSパルキアVSダークライ」

この映画が個人的にポケモンの劇場版の中で最も感動しました。

思い出補正もかかっているかと思いますが、やっぱり世代ということもあってダイヤモンドパールの魅力を挙げるとキリがないくらい数々の思い出を残した伝説の作品です。

【総括】歴代ポケモンアニメシリーズおすすめランキング

ポケットモンスター公式サイト
  • 第1位:ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
  • 第2位:ポケットモンスター アドバンスジェネレーション
  • 第3位: ポケットモンスター XY
  • 第4位:ポケットモンスター(無印)
  • 第5位:ポケットモンスター 金銀編
  • 第6位:ポケットモンスター サン&ムーン
  • 第7位:ポケットモンスター ベストウィッシュ
  • 第8位:ポケットモンスター(2019年版)

以上、【歴代ポケモンアニメシリーズおすすめランキング】をご紹介してきましたが、皆さま如何でしたでしょうか?

どのシリーズも面白かったですが、

  • ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
  • ポケットモンスター アドバンスジェネレーション
  • ポケットモンスター XY

上記のトップ3は個人的に思い出補正を含めればちょっと抜けている印象です!

ポケモンは私の中のかけがえのない青春であり、キッズアニメの最高傑作だと思っています!!

四季の宝箱
¥37,800 (2024/04/12 20:36時点 | 楽天市場調べ)

管理人の一推し商品です。気になった方は是非ともお買い求めください♪

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2013 Pokémon. (C)1995-2013 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

『ポケットモンスター』公式Twitter

↑上記の記事も参考になりますので是非ともご覧ください♪

ブロトピ:ブログを更新しました!

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:ブログ更新しました

この記事を書いた人
はまちーず

職/元アニメーター(動画マン)、現在はフリーランス(コンビニ夜勤掛け持ち)※元々アニメの制作に携わっておりましたので作画や演出面の知識は備わっております。
~本サイトの詳細~
「アニメレーティング」では、アニメの感想や評価、ランキング等アニメ好きな方の参考になる記事を高頻度で発信中!
忖度なしで綿密なレビューを心がけておりますので是非ともご参考にしていってください♪

Twitterのフォロー、拡散等よろしくお願いいたします♪

利用規約・Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売数により収入を得ています。

↑こちらのバナーをタップしていただけると創作活動の励みになります🙏
ps.ついにブログ村のアニメカテゴリで注目ブログにランキングされました!
おかげさまで現在ランキング〇位!タップして現在のランキングを確認してね。

推し活

↑あなたの推し(生きがい)が必ず見つかる!ゲームやアニメのキャラクターの魅力を全力でご紹介!

こちらのサイトも運営しておりますので是非、ご覧ください。

アニメランキング
Twitterのフォロー、拡散等よろしくお願いいたします♪
タイトルとURLをコピーしました